▲ Page Top ▲ Page Top

English Site »

Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program -Bi-lingual.com-

卒業生ページ執筆の趣旨

概要

Ⅰ.IBの学生時代

Ⅱ.IB生のための大学受験

Ⅲ.Glossary

卒業生のページ

I. 「IBの学生時代」

4. 課外活動について

CASの概要
IB生は二年間のディプロマプログラムの中で、学校の授業を受けるだけでなく、課外活動をすることも要求されます。課外活動はC (creativity)、A (Action)、S (Service) に分類され、生徒は合計で150時間の活動をしなければなりません。それぞれ50時間あてるのが理想的です。もちろん、150時間以上やるべきです。

先輩が経験してきた代表的なCASの活動

i) C (Creativity)…なにか「創作的」で、自分の「技能」を磨くことに関連する活動

学校内

学校外

ii) A (Action)‥•自分なりにゴールを設定し、計画的に体の鍛錬をすることに関連する活動

学校内

地域のサマーショートポランティアなどの短期集中型のものに参加すると効率よく時間が貯められます。学校内だと一回の活動ではあまり多く時間がたまらないので、それらは足りない時間の補助として考えるとよいでしょう。

CASをやる時期
CASはなるべくIBが始まったらすぐに取り掛かりましょう。高校2年の1学期、夏休みに集中してやり、2学期までにはほとんど終わらせておきましょう。CAS log (課外活動の記録)も後回しにせず、定期的につけるように心がけましょう。

高校3年になると学業面でとても忙しくなります。1学期の終わりにExtended essay や TOK Essay などのとても重要な課題の提出日、またIBの模擬試験(IB mock:高3の1学期期末試験)があるので、CASのことを考えてはいられなくなります。

課外活動の意義
IBにおいて課外活動をする意義というのは、最終的なIB取得のためのCASの時間をためることにとどまりません。課外活動で得た経験が、将来海外大学受験に必要なエッセイや、さまざまな国際キャンプや奨学金に応募する際の願書を書くための材料になります。CASのために課外活動をやることはもちろんですが、「課外活動は将来の自己アピールの為の材料でもある」ということを意識して取り組みましょう。
課外活動は出願するエッセイの内容に直結します。興味がある方は「エッセイ」を参照してください。

国際キャンプなどは「自分自身を磨く」ためにも参加することをおすすめします。

Camp Rising Sun
http://www7.plala.or.jp/crs/

Pacific Rim International Camp
http://www.banyu-zaidan.or.jp/project/camp/pric.html

日本の次世代リーダー養成塾
http://leaderjuku.jp/

H-LAB
http://hcji-lab.org/

Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program