▲ Page Top ▲ Page Top

English Site »

Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program -Bi-lingual.com-

卒業生ページ執筆の趣旨

概要

Ⅰ.IBの学生時代

Ⅱ.IB生のための大学受験

Ⅲ.Glossary

卒業生のページ

I. 「IBの学生時代」

1.  バイリンガルコースの選択

加藤学園暁秀高校進学時には、コース選択で多くの人が悩むと思います。少しでも多くの人の意思決定のお手伝いができればと、ここではバイリンガルコース卒業生がどのような理由からバイリンガルコースを選択したかをご紹介します。卒業生の中で共通した理由が多くあったのでここでは大きく4つに分けてその理由を取り上げていきます。

1.  英語力のため
バイリンガルコースのIB教育は英語を基盤の言語としていくので、個々の英語力には大きな刺激になります。幼い頃から英語を勉強してきた卒業生または帰国子女の卒業生はバイリンガルコースを英語力の向上や維持の場として見ていたようです。

2.  レギュラー側勉強法では足りない
IB教育がレポートやエッセイを中心とした能動的な勉強法であるのに対して、レギュラー教育は知識の詰め込みの受動的な勉強法が中心です。コース選択時にその二つを天秤がけした時に、レギュラー教育の柔軟性やレギュラー英語の実用性のレベルに物足りなさを感じ、バイリンガルコースを選ぶという結末に至ったようです。特にレギュラー英語に関しては、小学校を海外で、また中学の公立学校にてレギュラー英語を経験した卒業生もその実用性の低さを説いています。

3.  延長線
加藤学園暁秀のイマージョンコースは幼稚園から高校まであります。よって長い人では、幼稚園年少から高校まで15年間イマージョンコースに在学しました。イマージョンコースで培った英語力は実用的なものであり、中学や高校でバイリンガルコース以外を選択することはとても勿体無い事と思う卒業生が多かったようです。中には、バイリンガルコース以外眼中になかったという卒業生までいました。

4.  将来や進路を考えて

大学進学を含む将来のビジョンを海外を基盤に、と考えていた人が多かったようです。暁秀バイリンガルコースは卒業すればIBのディプロマ(卒業証書)をもらえる上、文部科学省の認可もあるので日本の高等学校卒業証書ももらう事が出来ます。その両方を利用した上で、日本のG30という制度を通して国内トップ層の大学への進学を考えていた卒業生もいたようです。これに加えて、DP入試を開始する大学も増え始め、バイリンガルコースは海外進学の選択肢のみという訳ではなく、国内のトップ層大学という選択肢も十分にあります。
Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program