▲ Page Top ▲ Page Top

English Site »

Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program -Bi-lingual.com-

組織と沿革

教育理念・展望・目標

教員紹介

ディレクターからのメッセージ

英語イマージョン/バイリンガルプログラム

国際バカロレア

求人案内

お問い合わせ/アクセス

英語イマージョン/バイリンガルプログラム

このプログラムは自分に合っているのか?

英語イマージョン/バイリンガルプログラムとインターナショナルスクールとの違い

加藤学園英語イマージョン/バイリンガルコースとインターナショナルスクールとは多くの点で異なっていますが、特に顕著な違いは、次の4つの点に見られます。


暁秀初等英語イマージョンと中学バイリンガルコースとの違い

初等学校イマージョンと比較して中学バイリンガルコースでは、その学習内容面、そして、英語面において生徒には一段と高度なものが期待されます。授業内容の難度が増すだけではなく求められる英語レベルも高度になります。英語で書かれた教科書の記述が難しくなり、課せられるリーディングとライティングの量が増加します。

各生徒は、今まで以上に学習一般に対して自分で責任を持ち、そして、自発的に取り組むことが期待されます。宿題や課題の量も一段と増加するため、生徒は、自主的に計画を立て、自分で意識的に学習習慣を確立し時間管理や書類管理をしていく必要があります。

より多くのことが要求されますので、意欲的に取り組むことができるかどうかが成功の鍵となります。コースに在籍することについて明確な目的意識がない場合や、英語の力を伸ばそうという意欲に欠ける場合には本コースでの学習継続が難しくなります。

教科ごとに教科専門の外国人教師が教える形態をとっています。したがって、いろいろな指導スタイルや教授法を取る多様な教師から指導を受けます。外国人教師は、英語圏各地出身で日本人教師と違っているだけでなく外国人教師間でも、とても違ったアプローチをとることがあります。こういった違いを理解し、享受できるチャンスが提供されると理解することが大切です。

加藤学園暁秀高校C中学校の他コースとの違い

バイリンガルコースと暁秀の他のコース(コアコース・アルファコースなど)はいくつかの類似点と相違点があります。バイリンガルコースは、暁秀の他のコースと同じカリキュラムで基本的には同じ内容をカバーしています。このカリキュラムの枠組みの中で、国際バカロレアのMYPの理念や特徴が中学1年から高校1年のカリキュラムに組み込まれています。この2つが統合可能なのは、MYPに柔軟性があるためであり、また、暁秀のカリキュラムとMYPの主要部分が共通するからです。

コース間で明らかに違っているのは、バイリンガルコースではかなりの教科の授業が英語で進められていることです。英語による授業は母国で教員資格と経験がある教師が担当します。バイリンガルコースには各クラスにホームルーム付きとして日本人と英語圏からの教師の合計2人の担任がつきます。教材として文科省検定教科書の英訳版と外国からの副教材を使用し、日本語と英語両方の学習の用に供しています。

理科や数学など、英語で授業が進められている分野については、各単元で学習した重要用語を日本語で復習する授業も時間割に組み込んでいます。一般科目を英語で学習する授業に加えて、日本語で用語を勉強したり、内容復習をしたりする授業を実施しています。生徒たちは常に英語と日本語の両方のテストや課題が出され、評価されます。部分的にレギュラークラスと同じテストを受ける場合もあります。

その他にもバイリンガルコースと他のコースでは種々の相違があります。情報技術については、暁秀の他のコース以上にバイリンガルコースでは非常に重要な位置をしめます。また、バイリンガルコースで特に重視している内容としては、教科の枠を越えた学習や、自己表現の機会を多く与えること、そして、各人で調査学習技能を身に付けることなどが挙げられます。

高校レベルでも継続してバイリンガルコースで学習したいと考えている生徒には、中1の時点で4~6週間の短期留学プログラムに参加することを推奨しています。これは、バイリンガルコースの生徒のみを対象にしたプログラムです。
Katoh Gakuen English Immersion/Bilingual Program